タブレット型『AI カメラ ippo』

コロナ感染拡大防止対策として

新型コロナウイルス感染症は、東京でも1日の患者確認数が徐々に減り、5月25日に緊急事態宣言が約 1カ月半 ぶりに全面解除されました。緊急事態宣言以降の試みは、確実に実を結んだと言えるでしょう。 ただ、1918 年のスペイン風邪など過去の「新型ウイルス感染症」の事例をみても、中国の武漢やシンガポールでの 再流行の兆しをみても、日本に第 2 波、第 3 波が起こることはある程度予想されます。このようなウイルスへの対策 のための取り組みは今後も必要とされることが予想されます。

弊社はコロナ対策としてAIカメラippoという形で皆様に貢献できればと取り組んでおります。


AIを活用した顔認識

体温検知ソリューション


高度な技術を採用し、AIを利用した個人特定検知が可能です。

 

設定によりマスクの有無が判断可能で、マスクを着けていない人へマスクをつけていただく様に促すことが可能です。

 

タブレット型のカメラとなりますため、測定者の安心を確保することが出来、無人で測定する場合は測定者の人材コストも削減が可能です。


タブレット型『AI カメラ ippo』の特徴


5万人までの顔認証登録が可能です。

タイムカード機能や、NG登録認証を実装でき、自動ゲートや自動ドアとの連携も可能です。そのため、会社やホテル、レストランなど、人の出入りするあらゆる場所に設置し使用いただけます。

その他にも不動産管理会社においてマンションの住人の顔認証登録を行い、顔認証で自動ドアが開き入室できるといったことも可能です。さらに店舗等においてお客様が平熱でありマスクしている場合にドアを開けるといったシステムや、配達員等が来た場合に入退室時間も取得できますし、NG登録もできるので不審者の侵入も防げます。


タブレット型『AI カメラ ippo』に関するお問合せ