社長メッセージ

日本のキャッシュレス化に、新たな“一歩”


時流を見極め、歴史から学び経営を継続させる。

私は、この想いで経営を実施しています。

 

ビジネスは時流により様々な形態移行をしますが、経済や人の変わらない行動というものを歴史から学び取ることができ、その中に間違いないビジネスの方向指針があります。弊社の商品名である IPPO ですが、一歩とは「一歩一歩前進する」「一歩前進した」など、前向きな意味合いが多くイメージされる言葉です。また、世界中の人が発音しやすい語韻でもあります。日本のキャッシュレス化を、一歩づつ進め、世の中の豊かさを、一歩づつ前進させる。さらに、日本を英記した際に、NIPPONとなる中心を抜き取った言葉「IPPO」。

 

日本の技術をもっと世界に拡め、日本の明るい未来を世界に広げていく想いです。

 

代表取締役社長 坂本 和也